2020-02-05

インド2020

50 歓迎

年が明けて1週間が過ぎ、夜行列車でバラナシを発つ夜。宿のみんなに見送られ、1人寂しく歩いていると、通り過ぎた飲食店の店主が大声で呼び止めてきた。「腹は大丈夫か?」食欲がない時、ライスだけ買いにこの店に何度か来た。もう大丈夫だと返すと、あったかい無表情で彼は言った。「またバラナシにおいで」心の底から嬉しかった。
0
タイトルとURLをコピーしました