101  大丈夫?

飛行機からタイ

飛行機から
午後1時、飛行機はバンコクに着いた。

空港にはアレックスが待っていてくれた。

アレックスとは、エイジがムエタイジムで知り合ったタイ系アメリカ人で、

タイに旅行で来ていて、叔父さんの家に泊まっているらしい。

空港まで車で迎えに来てくれたので、

そのまま叔父さんの家に遊びに行くことになった。

「へー、アレックス、免許持ってんだ。」

「持ってないよ。」

は!? 後部座席で耳を疑った!

「大丈夫なのか?」

「大丈夫、大丈夫。」 と、

プ!プーーー!!!

高速道路でいきなり車線変更しようとして、

後続の車におもいっきりクラクションを鳴らされた!

アブねっ!

おいっ!ホントに大丈夫なのかっ!?

と思っていたら料金所で警官に停止させられる・・・。

これはさすがにヤバいっしょ!

アレックスは警官に連れられ、建物の中に消えていった。

おいっ、インドから戻ってきて早々にトラブル発生じゃねーか!

車の中で待つこと5分。

何食わぬ顔で戻ってきたアレックス

「大丈夫だったか!?」

「大丈夫だった。」

「大丈夫たって、お前、免許持ってないんだろっ?!」

「『いとこが警察官だ』と言ったら解放された。」

その後、何とかアレおじさんの家にたどり着き、ごはんをごちそうになる。

東南アジアって、そんなもんなんです。

つづく・・・

コメント