95 クラッシュ!

ゴアのビーチインド
(注)このように浮かれていると、大変なことになります!
ゴアのビーチ

(注)このように浮かれていると、
大変なことになります!

いきなり右折してきたバイクを避けきれず、

相手の後部分にぶつかり、二人とも吹っ飛んだ!

いててててっ!

よろめきながら立ち上がる。

足腰に痛みはあるが、怪我はないようだ。

後ろに乗っていたエイジは、ヒジから血を流しているものの、

大事には至っていないようだ。

交差点の端っこで、ぶつかったインド人のおっさんが、

俺達にスゴイ勢いで文句を言ってきた!

俺達の周りを10人ぐらいの野次馬が囲む。

が、おっさんのバイクも、俺達のバイクも、

かすかにかすり傷は付いているものの、とりわけ目立った外傷はない。

日本の交通ルールで言えば、間違いなく向こうが悪いのだが、

ここはインド。

俺はどうやりすごそうか考えていた。

おっさんの攻撃が一段落したところで、

誰かが起こしてくれていた

俺達のバイクが気になり、エンジンをかけてみる。

キュルキュルキュルッ!

ほっ。かかった。

ご丁寧にセンタースタンドで立ててくれていたので、

一応スロットルも回してみる。

ウィーーーンッ!

少し反応が遅いがエンジンが回転する。

が、その時!

カツンッ!

弾みでセンタースタンドが降りて、

バイクは単独で野次馬の群れに突進した!

エッ!マジッ!?

ドンガラ ガッシャーーーン!!

野次馬の中に突っ込み、再び転倒!

なにやってんだ、俺!!

今度は野次馬が文句を言い出す!

この光景に呆れたのか、事故ったおっさんはいなくなっていた。


そのうち野次馬もいなくなり、俺達もそ知らぬ顔で事故現場を後にした。

その後、病院に行き、エイジは治療を受け、めでたしめでたしっ!


でも、一歩間違えればけっこーやばかったかも!?

それにしても、二度目のバイクの突進、

まったくの無意味さに、今考えると笑えるドキドキ

つづく・・・

コメント