48 久しぶりのバラナシ

インド2020

(カトマンズ→バラナシ詳しい行き方↓)

【直行】カトマンズからバラナシへ夜行バスの旅!
※この情報は2019年12月のものです。ネパールはカトマンズから一気にインドのバラナシまで行く夜行バスがあったので乗ってみました。チケットはタメルの旅行会社で購入3000ルピー。乗ったあと隣の席のネパール人に聞いたら2200ルピーで買ったとのこと、、、どうもバス乗り場にあるバス会社のカウンターなら2200ルピーで買えるらしい。バス乗り場はスワヤンブナート寺院(モンキーテンプル)近くのH...

夕方4時半、

ホテルを出て5分、旅行代理店に。

おっちゃんは

乗り合いタクシーを捕まえてくれた。

すでに客でパンパンの

ハイエースの屋上に、

適当に荷物を積んだので、

振り落とされないように

積み直していると、

車は出発した!

横の開いたドアのところに

しがみついてる状態だ!

おかげで見送ってくれたAに

軽く手を振る位しかできなかった。

かなり渋滞していたが、30分程で

バス乗り場に着いた。

18時半に出発したバスは、

途中いくつか休憩所により、

夜中に国境の街スノウリに着いた。

6時のイミグレオープンを待ち、

無事に通過してインドに再入国。

そこで、1人の日本人が乗り込んで来た。

そのケン君もやはりネパールから

インドに再入国したらしい。

ポカラから来て、インド側のボーダーで

一晩過ごしたそうだ。

かなり面白い男で、

出身の北海道弁をなまらブチ込んでくる!

バスはというと、

お昼頃着くと言われていたバラナシには、

結局17時半に着いた。

この12月、カトマンズより少し温かい。

ケン君とオートリクシャをシェアして、

ゴドーリア交差点を目指し、

ルドラゲストハウスに

何とかたどり着いた。

ドミで300R。

15年ぶりのバラナシになるが、

変わった所といえば夜道が明るくなった。

電灯が至る所に設置されている。

後は大した変化はないような気がする。

なぜかホッとした。

明日からのバラナシライフが

とても楽しみだった。

つづく…

コメント

  1. ぬし より:

    →A
    もう少しで振り落とされるトコだった!(笑)

  2. より:

    箱乗りで去っていくなんてさすが!(笑)

タイトルとURLをコピーしました