バックパッカーの聖水

ネパール2019

40 Korikha コリカ

そろそろ次の目的地、 ポカラについて考え始めた。 ということは、 ここバンディプルを お腹いっぱい 堪能してきたということか。 満たされきる前に 街を出たいと思った。 先日行った昔ながらの集落、 ラムコット村が 強烈なインパクトだったので、最期にもう一度あの感じを味わいたかった。
2
ネパール2019

39 眼下の集落

山に囲まれた谷間で 人々は慎ましく 暮らしているようだった。 こんなところで生活すると 人は謙虚になるのかも知れない。 山の大きさを見て、 己の小ささを 確認するのかも知れない。
0
ネパール2019

38 ラムコット村

ここ山間の宿場街、 バンディプルで やることといえば なんと言ってもトレッキング! ということで、 ラムコットという村まで 歩きでがんばる。 片道1時間半と噂されている。 (あてにならない) まずは朝食のモモと、 チャイを飲む。
2
ネパール2019

37 オサレタウン

朝6時半、 少しずつ冬が近付き、 冷たい空気に押されながら 宿を出発すると、 旅行エージェントに向う。 歩いて5分の距離。 近くに停めてあったバスに乗り込む。 予定の7時きっかり、 主に外国人旅行者を乗せた スカスカのバスは走り出した。
4
ネパール2019

36 夜の迷子

宿からバスで1時間離れた 古都バクタプルで、 夕陽を堪能し過ぎてしまい、 帰り困ったことになった。 帰りのバスは終了したとかで、 タクシーしかないと。 18時近く、外はすっかり真っ暗だ。
4
ネパール2019

35 カトマンズの御本尊

カトマンズは とにかくホコリがすごい。 幸い、宿は通りの奥にあり、 騒音もホコリもマイルド。 屋上から辺りを一望できる。
0
ネパール2019

34  カトマンズの再会

朝の7時に カトマンズに着いたバス。 16時間の激揺れバス ありがとう。 バス下車地から 予約の宿までは、 少々距離があったが、 歩くことにした。
0
インド2019

33 ダージリンからカトマンズへ

8日間滞在した ダージリンから 移動することにした。 長年思い憧れたあの国に! 2005年初、 インド→ネパールと 旅をする予定が、 1ヶ月半で周ったインドに すっかり疲れ切ってしまい、 政情不安も相重なって ネパール行きを 泣く泣く断念した過去がある。
2
インド2019

32 ダージリン②

朝起きたらまずすること。 それはチャイを飲むこと。だいたいお店で飲んでも 10R(¥15)。 たまに20Rだったり、 高級店なんかは100Rなんて。 でも俺は、 北の国からの田中邦衛の 「子供がまだ食べてる途中でしょうが!」 バリに 「チャイは10ルピーでしょうが!」 と勝手に心に決めている
6
インド2019

31 ダージリン①

朝9時半頃、 シリグリ・NJP駅から 乗客9人を乗せたシェアタクシーは 軽快に街中を飛ばしていく。 田舎のほうに入ってくにつれて、 紅茶畑が見えてきた。 そしてその先の山の方へと 車体を向ける。 山の上の方に、あの ダージリンはあるはずだ。
0