34  カトマンズの再会

カトマンズネパール2019

カトマンズ

朝の7時に

カトマンズに着いたバス。

16時間の激揺れバス

ありがとう。

バス下車地から

予約の宿までは、

少々距離があったが、

歩くことにした。

朝早すぎて、

チェックイン出来ない

可能性があるから。

途中の開いていた食堂で

チャイを飲んで休憩して

安宿街のタメル地区に

ゆっくり向う。

ネパールの電線

妖怪・鬼電線

朝から通りは

車と人でにぎやかだ。

細い路地を進んで

Beehive Hostelにたどり着いた。

BeeHive Hostel

ツイン 1000R

この宿で14年前、

インドを一緒に旅した

Aと落ち合うことになっている。

荷物を置かせてもらい、

周りを散策する。

思い焦がれた

カトマンズの印象だけど、

東インドを回って来たせいか、

正直そんな代わり映えはしない。

カトマンズ

ただ、ゆったりとした

やさしい空気感が

漂っているのをしっかり感じる。

そんな折、

Aから空港に着いて、

こちらに向かってる旨の

ラインが入る。

いよいよか。

通りに出て、Aを待った。

来ない…。

さらに待つ。

来ない…。

諦めて宿にもどる。

忘れた頃にAは現れた。

「やけに遅かったなぁ。」

「あぁ、旅行代理店寄ってたから」

言えやっっ!!!

と、こういう

マイペースコンビで

しばらく旅は続きます。

どうぞ宜しくお願いします!

つづく…

コメント