税関職員を動かす魔法の言葉

旅の お も ひぃ で♡

男の1人旅は狙われやすい。

スリでも強盗でもなく、

ゲイでもおかまでもなく、

税関にだ。

以前一人でニューヨークに行ったとき、

空港に着くなり

生マジメそうな俺を捕まえて

女性職員は別室に連れていき

有無を言わさず

荷物を全て開けさせられた。

ということで

男1人は

基本ターゲットになりやすい。

んで、

アジア諸国を周って帰国した時のこと。

成田の税関職員が

俺のパスポートを

パラパラめくりながら

質問してきた。

「どこの国に行かれました?」

「あ、タイ、マレーシア、
 ミャンマー、それとインドに・・・」

の瞬間に、

「じゃあ、こちらにお願いします」

と別室に連れて行かれた。

色々なドラッグが蔓延している

ことで知られているインド。

にしても、

「インド」

というフレーズを言った瞬間に、

まるで魔法にかけらたように

職員は動き出したのだ。

なんなら少し食い気味だった。

別室では

別の職員がスタンバっていて、

俺の荷物を開けながら

根掘り葉掘り聞いてくる。

「インドで麻薬やらなかった?
  声かけたりされなかった?」

そんなさなか、

俺のバックパックから

インドで購入したプロテインが出てきた。

街を散策していて歩き疲れた時

スポーツ用品店があったので

休憩がてら入店したら

たまたま安かったから買った代物だ。

ジャム瓶位の

プラスチックの入れ物に入った白い粉に

職員達はどよめき始めた。

その様子がおかしくて、

俺は俺で

よせばいいのに

「あ!それは怪しいですねぇ!
 ちゃんと調べたほうがいいですよ!」

と職員を煽ってみた。

その流れで

刑事ドラマでよく見るような

小指を粉に突っ込んで

ペロッと舐めるとこまで

やってもらいたかったが、

すぐに普通のプロテインだとバレてしまい

解放されてしまった。

滅多にできない経験なので

もうちょっとこじれても良かったけど(笑)。

ということで

インド帰りの男1人は

日本の税関で

ほぼ止められますのでご注意を。

インド、恐るべし。

 

コメント

  1. ぬし より:

    @ゲッツさん
    えへっ☻

  2. ゲッツ より:

    超イタズラっ子!(笑)