10 モーラミャイン①

ブリーズゲストハウスバックパッカーの聖水

国境の街ミャワディから

たかだか100kmのモーラミャインまで

5時間近くかけてきた。

たった1000円で、

あんな凸凹道を

よく連れて来てくれたと

感謝の念すら湧いてきた。

あの運転の仕方だと

すぐに車がイカれそうだ。

だってオフロードを

時には100kmとか出すんだもの(笑)

んで、ホテルの前で降りたはいいが、

宛はなかった。

すっかり日も暮れている。

なかなか高そうなホテルだったが、

一応値段を聞いてみようと思った。

Rehmonnya Hotel
 Rehmonnya Hotel

ガラス戸を開けて中に入るなり、 

制服を着た女性が、

駆け寄ってきて荷物を持とうとした。

あ、ここだめだわ。

未だかつて、

バッグパッカーをしていて、

ホテル(大半はゲストハウス)スタッフに

荷物を持ってもらったことなんか

一度たりともない。

高いに決まってる。

まあ、土産話のつもりで、

シングルルームの値段を聞くと、

25ドルだという。

う〜ん。

迷っていると20 ドルにしてくれた。

疲れたし、

今日はここでいいか。

Rehmonnya Hotel
部屋はこんな感じ。wifiも使える

早速周囲を歩いてみる。

ホテルなり、飲食店なり、

それなりにキレイなお店が多い印象だが、

車道だけコンクリートで、

歩道は土(てか、歩道なんてない)

というところから見ても、

モーラミャイン

商業施設に対して

インフラが追いついていない印象。

結局ホテルの隣の店で

適当にご飯を済ませ、

ミャンマー米の麺の焼きそば
米の麺の焼きそば1000K(¥70)
ミャンマーの焼豚
焼豚2500K(¥180)

とりあえず、この日さっさと爆睡。

翌朝インクルーズされている

Rehmonnya Hotel

最上階で朝食を頂いて、

景色はこんな感じ↓

さて、とりあえずレンタルサイクルも

レンタルバイクもないらしい

‌周りになにがあるわけでもない

‌終〜了〜。

いや、待て。

とりあえず街の中心に行ってみるか。

バイタクに乗る。15000K(¥100)

わーい。楽しー!↓

一応下調べしておいた

ブリーズゲストハウスに行ってみる。

ブリーズゲストハウス

シングル1泊7ドル(10700K)

海沿いで、

しかもレンタルバイクもある。

やっぱバッグパッカーの宿といったら

こんな感じでしょ!

ブリーズゲストハウス

さっそく

レンタルバイク10000K(¥700)を借りて

昨日のホテルに戻り、

荷物をまとめてチェックアウト。

ブリーズゲストハウスに移る。

そして、レンタルバイクを乗り回す。

右側通行に慣れない。

あとノラ犬多すぎてひきそうになる。

その日の夕焼けはキレイだった。

モロミャインの夕焼けは有名らしい。

つづく…

 

コメント