41 新たな進路

マレーシア
すし屋 at KL(C)PONたもつ

すし屋 at KL(C)PONたもつ

そう、俺はやはりインドに行きたい。

PONさんと話し、この先、別々の道を辿ることにした。

ブキビンタンというK.L一番の商業地区で、二人、寿司を食べていた。

別れが決まった瞬間、お互いピリピリしたものが消え去り、

寂しさが込み上げ、素直な言葉で意思を交わせるようになっていた。

こうなると、やはり2人で旅を続けたいという気持ちが湧いてくるのは、

俺だけではないようだ。女と別れる際にもよくあるやつだ。

しかしこの時ばかりは、インドに行くと決めた瞬間から、俺の中で、

バリや、オーストラリアが完全に擦れてしまっていた。

まるでインドブロックされているかのように。

とりあえず、K.Lを離れ夕日で有名なマラッカに向かうことにした。

実はPONさんマラッカに向かうという。しかも同じ日に。

だったら、一緒に行けばいいじゃないかと思うかもしれないが、

もう別れを決めていたので、それもむず痒いのだ。

PONさんは午前、俺は午後の長距離バスで出発する。

俺は意外とアッサリとした気持ちでPONさんを見送った。

間もなく自分も出発するという心持ちが、

別れの寂しさを紛らわしたのかも知れない。

午後1時マラッカ行きのバスに乗り込む。

さて、こっからは正真正銘1人旅だ。不安だ~。

つづく・・・

コメント