3 鬼の移動②

モチットバスターミナルタイ2019

バンから降ろされたのは

バス停の前だった。

ここから77番バスに乗れと

助手の男は言った。

待つこと15 分。

77番のオンボロバスはやって来た。

が、バス停の前には

タクシーが何十台も路駐していて、

バスは入って来れない。

しかも、だいぶ手前で停まったため、

荷物を抱えて、

必死で乗りますアピールをして

なんとか滑りこんだ。

チケット売りの女性が

すかさず近寄って来たので、

モチットバスターミナルの名を告げると

オートマティカルに8バーツ(30円)

と返答してきた。

よし、何とかこれでバスターミナルに

たどり着けそうだ。

一息してバスの正面を見た時、

ビビってしまった。

タイのローカルバス

シフトレバー長すぎじゃね?
運転しづらくない?

まあ、いいか。

10分位走ると

バスターミナルのような所でバスは停まり

ゾロゾロと人が降りていく。

チケット売りの姉ちゃんに

モチットバスターミナルかと尋ねると、

そうだと答えたので

慌ててバスを降りる。

てーか、教えてよ!

モチットバスターミナル

ようやくたどり着いた。

6:15 ターミナルに入ると

早速チケット売り場があり、

スコータイ行きの7時のチケットをゲット!

ちなみに座席も指定させられる。

また、スコータイバスターミナルと

スコータイ歴史地区(オールドシティ)

は別なので要注意。

337B(¥1200)。

6:50 バスに乗り込み始める。

2階建てバスで1番前の席を取ったので

モチットバスターミナル

車窓はこんな感じ。

全員乗り込むと

タイの長距離バス

すぐに水と弁当が配られた。

ちょうどお腹が空いてきたところだ。

普通に美味しい。

7:10 バスは少し遅れて走り出す。

昨日空港でろくに寝てないで

すぐに睡魔に襲われる。

いいぞ。

予定では目的地まで7時間半の走行なので

できるだけ寝過ごしたいところだ。

10:00 目が覚める。

まだこんな時間か。

だいぶ寝たと思ったのに。

11:00 休憩所に入る。

基本的にはトイレ休憩だが、

飲み物や食べ物も買ったりできる。

駐車場では焼き鳥を焼いてる

おばちゃんがいたので、

値段を聞くと

デカいのが20B(¥70)

小さいのが10B(¥35)とのこと。

肉がやたらオレンジ色だったので、

試しに小さいのを1つ頼んで、

20B札を差し出すと、

おばちゃんはゴニョゴニョ言いながら

袋に2本入れた。

ケチケチしないで2本ぐらい食べなさいよ

とでも言ってるんだろう。

その図々しさに思わず笑ってしまうと、

おばんも笑う。

まあ、美味しかったからいいけど。

その後、色んなバスターミナルや、

広場なんかを経由しながら進むおバス。

とっくに予定の7時間半は過ぎていた。

辛いのは、

少しでも多くの客を拾うため、

どこぞやの広場などに向かうのだか、

乗客はおらず、

今来た道をUターンして引き返したりする。

勘弁して。😂

‌そしてようやく目的地

スコータイ歴史地区に着いたのは

出発してから9時間後の

16時だった。

その前は飛行機に5時間乗っていたので、

流石に疲れた。😫

‌のっけから飛ばし過ぎたかも。

ていうか、これから

宿を探さないといけない。

どうすっか?

つづく…


コメント

  1. ぬし より:

    >>PONさん
    これで掴みはOKです!

  2. PON!!! より:

    充分じゃないですか!
    キモはつかんでるんだね。

  3. ぬし より:

    >>PONさん
    ほぼ英語ですが、「クン スワイ マァ」
    って言っといて、その後に
    「マイ カオジャイ パサタイ」
    って言うと、だいたいタイの女性は笑ってくれます。

  4. PON!!! より:

    で、、、、、
    会話はタイ語?
    英語?
    日本語??
    バスのチケットが英語で、バスン中はタイ語の単語、焼鳥はタイ語で、ボヤキは日本語???
    そのへんが知りたい!!

  5. ぬし より:

    >>ゲッツ
    引っ張らせんかいっ!

  6. ゲッツ より:

    ていう記事を書いてるのは、宿のくせに!!!(笑)