103 サメット島

サメット島タイ

サメット島

バンコク・エカマイバスターミナルから

バスに揺られること3時間、

ボートに乗り換えさらに1時間、

島への入場料200B(600円)を払うと、

そこは南国のビーチリゾートサメット島だ。

少々物価が高いことを除けば、

キレイな海辺で夜はパーティーファイアーダンス

酔っ払って全裸で泳ぎだすヤツなんかがいて、

南国の陽気な雰囲気が漂う。

中でもお勧めは、ウォッカのレッドブル割りが

ミニバケツに入って出てくるので、

それをストローで一気に吸い上げ、あとはビーチに寝転んでいればOK!

陸から幾分離れた離島なだけに海はキレイだし、

そこまで開発しきってないので、パタヤなんかと違いうるさ過ぎない。

そんなリゾートっ気満々の中、

俺は日本に帰ってからのことを考え始めていた。

人生で一番遊んだ半年間がもうすぐ終わろうとしている。

暑い暑い東南アジアに居ながら、

夏の終わりの寂しさのような、

日曜日の夜に感じる、

休日が終わる切なさのような、

安心するような、焦るような、

簡単には言い表せない心の浮き沈みを、

灼熱ののコントラストの間に

楽しんだり、遠ざけたりしていた。

つづく・・・。

 

コメント