5 スコータイ観光

ビッグシーのフードコートタイ2019

スコータイに就いた翌日

朝6:30に目が覚めた。

昨日は移動の疲れから

早々に寝て、

朝までぐっすり10時間位は寝ただろうか。

シャワーを浴びて、

7時に宿のおばちゃんが

朝食を運んでくれた。

タイの朝食

その後、お通じがあり、

ブログ・動画編集などをしていたら、

すっかり12時を回っていた。

また宿のおばちゃんが

チャリを貸してくれたので、

歴史公園に行ってみることに。

入場料100B(¥350)

チャリ入場料10B(¥35)を支払い

いざ突入。

う〜ん、やっぱ昨日

ちらっと通っちゃったし、

そんなに遺跡に興味ないし。

とりあえず、動画にまとめてみたので、

お時間あればご覧下さい。

実は、ここまで

一度も両替をしていない。

もちろん全て踏み倒したわけでもない。

ラッキーなことに出発前、

旅行用の財布に2000B(¥7000)ほど

前回の残りが入っていた。

それを来れたので、

一度も両替をしていない。

ただ、明日ミャンマーへ

移動するに向けて

ご飯代なども考えると、

ギリ行ける位の残金だ。

心もとないのでタイバーツをもう少し

持っておきたい。

余ったバーツは、

ミャンマーで両替すればいい。

ただ、宿の周辺はATMはあれど、

両替屋がない。そこそこの田舎なのだ。

両替屋はどこにあるか尋ねると、

皆、口々に、

「ビッグシティー」に行けと言う。 

恐らくバスターミナル周辺だろう。

行けと言われても、10km位離れている。

車で飛ばしても15分位の距離だ。

ただ、歴史公園を

速攻で見終わってしまったので、

あとはやることがないので、

その「ビッグシティー」に向けて

チャリをこぎ出した。

10月のタイは

だいぶ涼しくなってきたと言っても

日中はまだまだ暑い。

汗だくになりながら、

GPSで確認すると

バスターミナルまであと7kmと出る。

まだ、半分も来てないのかぁ!

諦めて引き返そうと思った時、

ある大きな看板が見えてきた。

「Big C」

バンコクにもある

大型スーパーマーケットだ。

とりあえず、あそこに行って

お茶でもして休もう。

もしかしたら、銀行があって、

両替もできるかも知れない。

はっ!

もしかして、

「ビッグシティー」じゃなくて、

「Big C」かぁ!

ビンゴっ!!

確かに銀行で両替が出来た。

タイ人は言葉の最後を

省略する傾向がある。

例えば、

ゲストハウス なら

→ ゲスッハオ

スーパーマーケット なら

→ スーパーマーケッ

なので、「ビッグシティー」を

省略してるものだと勘違いしてた。

思い返せば確かに

「ビッグシー」って言ってたわ。

ついでにフードコートで

ビッグシーのフードコート

タイ料理を食べて

タイ料理

スコータイの路地裏を

グルグル周りながら宿に帰る。↓

ていうか、観光地よりも、

生活臭のするとこのほうが、

ぜんぜん楽しいのは

俺だけでしょうか?

翌日、スコータイから

ミャンマーに入るのだか、

マジでとんでもないことになる。

つづく…

スコータイ

コメント

  1. ぬし より:

    >>デルピン子
    アレサンドロかっ!

  2. デルピン子 より:

    ビンゴ!
    って昭和か!!