13 ヤンゴン①

501マーチャントB&Bバックパッカーの聖水

ヤンゴンに着いた翌日、

さっそく宿を帰ることにした。

主な理由は3つ。

①ある目的のためにもう少し便利な立地の宿に変えたい

②できればもう少し宿代を抑えたい

③宿泊者のインド人が、
俺の部屋の隣にある共有スペースで、
夜中までデカい声で電話してる。
しかもなぜかスピーカーにして話してる。

というわけで、

誰かのブログに書いてあった

501マーチャントB&Bに移動した。

う〜ん、共有スペースいい感じ。

501マーチャントB&B

ドミトリー(大人数部屋)で

501マーチャントB&B

77000K(¥550)

しかも、フロントで

料金を聞いているだけで、

オレンジジュースをサーブしてくれた。

こんな安宿生まれて初めて💗

で、荷物を置いてさっそく動き出す。

スーレーパゴダから市バスに乗り、

途中下車、

ミャンマー・ヤンゴンの日本大使館

ここ何か分かる?

そう、日本大使館。

ミャンマーの後、

陸路でインドに入るため、

ビザが必要なんだけど、

まずは日本大使館の推薦状が必要で、

申請しにきたわけ。

適当にインドの旅の行程を書いて、

この日は帰る。

翌日、8時半の大使館オープンと同時に

駆けつけて、推薦状を受け取り、

今度は宿の近くの

書類代行サービスに寄って、

申請書類を作ってもらう。

ここで、先程大使館ですれ違った

日本人男性がやってくる。

やっぱり彼もインドビザだったのか。

色々話を聞いてみると、

世界中色々旅をしている達人だった。

申請書類を作ってもらい、(6000K)

いざインド大使館に。

ミャンマー・ヤンゴンのインド大使館

11USドルと共に、無事に申請を済ませ、

後は4営業日後に受け取れる。

残念なのは、この申請した日が

水曜日なため、

受け取りが月曜日になってしまうこと。

正直、都会はあまり好きじゃない。

だって、都会は都会でだいたいどこも

似通ってない?

まあまあ。

一緒にビザ申請した小田さんと

お茶したり、

一風堂のラーメン食べて、

海外の色々な情報を教えてもらう。

小田さんのブログ↓
freestyle-traveler.com

まだまだ、ここヤンゴンでの滞在時間は、

たっぷりある。

焦らずにいこう、と、

思っていたら、

のどか痛くなり、

翌朝起きると、完全に風邪の症状だった。

うーん、風邪引いたの何年ぶりだろ。

というわけで、ここ最近、

ブログ更新が滞っていたのは、

この寝込んでました。

これからにご期待下さい。

つづく…

コメント

  1. ぬし より:

    >>PONさん
    だと思います。知識が凄い!

  2. PON!!! より:

    おださんすごい頭いいんだね。

  3. PON!!! より:

    移行だな。

  4. ぬし より:

    >>ゲッツ
    えっ?!やだっ!やめてっ!

  5. ゲッツ より:

    こりゃ、兄ぃのブログ読者から、小田さんのブログ読者に移行だな!