14 ヤンゴン②

バガンバイブスホステルバックパッカーの聖水

風をひいて、

ヤンゴンの宿で

ダラダラしていたおかげで、

色んな人にめぐり会えた。

マレーシアの旅人には、

ミャンマーの情報を教えてもらった。

スペイン人とワンピースの話をしたり、

イタリア人とサッカー冨安の話をしたり。
(なぜケガをさせると怒られた)

日本人旅行者にもたくさん会えた。


大学を休学して、

旅がてらヤンゴンの病院で

ボランティアをするという青年。


ミャンマーに何度も来ているという

東南アジア情勢に詳しいパイセン。


右目が赤く腫れてる男性にも出会った。

路上を歩いていたら、目にゴミが入り、

そのまま炎症を起こしてしまったそうだ。

彼はカメラマンの仕事を辞め、

旅に出て、いずれインドに向かうという。

またどこかで会える気がする。


仕事の休みを取って、

ミャンマー旅行に来た女性にも出会った。

女1人旅を辞めたいと言いつつ、

間もなく仕事を辞めて、本格的に

旅に出る計画を打ち明けてくれた。

もちろん、その計画に賛成した。


それぞれの想いを乗せて、

この大都市ヤンゴンは動いている。

次に訪れた時は

だいぶ形が変わっていると思う。

少し寂しい気もするけど、

楽しみでもあったりする。

1週間お世話になったヤンゴンと、

そろそろお別れかな。

恒例の街ブラです↓

つづく…



コメント