51 時間のブロック

インドの人形インド2020

インド・プリーのサンタナロッジ外観プリーの宿は

サンタナロッジ
https://wakuwakupackers.club/santana-lodge

老舗の日本人宿。

この宿の面白い所は

ヨガスクールをやっていて、

日本から学びに来る人がいる。

また、普通の旅行者もいる。

割合でいうと半々位か。

どこが面白いかというと、

ヨガ組は社会性があり、

旅行者は社会性がない人が多かった。

さっぱり言ってしまうと

大まかにそんな感じだった。インド・プリーのサンタナロッジ

また、旅行者は暇を持て余し、

時間をゆっくり使い、

ヨガ組は限られた時間に

追われているかのようだった。インド、プリーの砂浜

1つ気が付いたことがあった。

ほとんど日本人は

時間の制約の中で生きている。

時間がないという

ブロック(障壁)を抱えて生きている。

今やらなければいけないことが

何もない自分は、

少なからず、

そのブロックを解除出来ている。インド・プリー

旅に出る前、

あれだけ不安にさせられた、

時間に追われる現実を、

今は遠ざけることが出来ている。

宿の屋上から街の人々を眺めながら、

あの不安は、

一体何だったのかと不思議に思う。インド人の男の子

日本からインドに来ると、

時折、幻想の世界に

入り込んだような気がするけど、

実はあの忙しない日常のほうこそ、

幻想なんじゃないかと感じることがある。

本当は、生きていくのに

やらなきゃいけないことって、

そんなにないんじゃないかな。インド人のおじちゃんとおばちゃん

インドにいると、

のんびりしていていいんだということに気付く。

つづく…

タイトルとURLをコピーしました